HOME > カルプ材を使った立体文字 うどん屋さんの看板 

カルプ材を使った立体文字 うどん屋さんの看板 


※写真をクリックすると拡大画像がでます。

カルプ材を使った立体文字 うどん屋さんの看板

▼詳細
厚みをつけて凸凹を活かす。

立体は看板が主張してくれているように感じます。

立体の文字はサイズに合せた厚さにする必要があります。
文字サイズに対して厚すぎると、文字が読めません。
常に正面から見ていればいいのですが、その様な事はまずないでしょう。
看板は目線より上に付いている場合が多いですし、必ず斜めから見ています。

文字サイズに対しての厚みを考慮しましょう。

一覧ページに戻る

既製部材で費用対効果をお考えの方は格安看板プランニング