HOME > 先々を考えたサイン計画 

先々を考えたサイン計画 


※写真をクリックすると拡大画像がでます。

先々を考えたサイン計画

▼詳細
不動産屋さん
店舗移転に伴う看板設置です。

メイン看板の骨組みは、ポリスチレン角材を使用しています。
木のように軽いですが、腐りません。
切りやすく、ビスも効き、加工がしやすいのが特徴です。
お客様の要望で、見えない部材ですが選んでいます。

照明はLEDの投光器
10Wですが明るいです。
アームは自社製
既製のアームは貧弱なので自社製作をしています。

LEDのアームライトを使用してからは、
あたり前なのですが、球切れの報告が無く安心しております。

以前は安価なフェレメント球が多く使用されていたので、
球切れの報告が多く発生していました。
フェレメント球は振動に弱いため、路上に設置する看板には、本来は不向きだと思っていました。
初期コストは、LEDの方が高価ですが、先々の得を考慮していただき、出切る限りLEDを勧めております。


山梨県 上野原

一覧ページに戻る

既製部材で費用対効果をお考えの方は格安看板プランニング