HOME > 看板のLED事情『価格と性能のバランス』LEDは難しい選択の日々 

看板のLED事情『価格と性能のバランス』LEDは難しい選択の日々 


※写真をクリックすると拡大画像がでます。

看板のLED事情『価格と性能のバランス』LEDは難しい選択の日々

▼詳細
亀有駅前のビル壁面

多くの人が行き交う交差点の歩道に面しています。
歩道との境界は僅かばかり

厚さ5cmの薄い内照明看板を製作するため、光源はLEDを使用しています。
フレームはアルミ製です。
軽く、とても効率の良い構造になっています。
LED照明は、用途によって様々な形状や照度から選択し、使い分ける必要があります。
多くの形状・仕様・生産国、おおまかにも把握しきれないほどの情報量です。
情報を集め続け、固定観念を捨て、新しいものを見て体験しなければ、有効な提案は生まれません。
昨日までは最善と考えていた提案も、全く違う仕様で薦めることもしばしばあります。
現在のところ日々変化するLED照明なので、どの商品も全て実績不足は否めません。
実績を作る前に新しいものへと変わっていきます。
この辺りが、悩ましいところです。
海外からも多くの売込みが毎日あります。
『価格と性能のバランス』
私たちは、お客様に代わり判断し選択していかなければなりません。
本物の選択をするために、日々精進です。


東京都 亀有

一覧ページに戻る

既製部材で費用対効果をお考えの方は格安看板プランニング