HOME > 塾のサイン ガラスにシートを貼るときの注意 

塾のサイン ガラスにシートを貼るときの注意 


※写真をクリックすると拡大画像がでます。

塾のサイン ガラスにシートを貼るときの注意

▼詳細
ガラス面にインクジェット出力シートを貼ってあります。

袖看板は、既存にインクジェット出力シートを貼りこんであります。

ガラス面にシートを貼る場合は、気をつけなければいけないことがあります。
鉄線が内部に入っているガラスには、シートを全面に貼ってしまうと割れてしまうことがあります。
必ずということではないのですが、高い可能性がある以上は、全面の施工は行わないようにしています。
これは、飛散防止用の内部鉄線と、ガラス、出力シート、それぞれの温度による収縮率の違いから、引っ張る力に耐えられずにガラスが割れてしまうとの説明を受けています。
じつのところ、弊社も過去に1度割ってしまって弁償をしたことがあります。
失敗から学んだ経緯ですが、失敗はしたくないものです。

その様な、説明を必ずさせていただくのですが、コストの面からお客様の自己責任において、貼ることがあります。
そのようなときにおいて、今のところ割れたことがありません。
日差しや環境の問題が大きいと思うのですが、ただいまの宿題でもあります。

一覧ページに戻る

既製部材で費用対効果をお考えの方は格安看板プランニング